本文へスキップ

学会Publication

学術論文・国際会議発表

  • ・Hidetoshi Goto, Takumi Naito, and Hidekata Hontani,
    "A New Parametric Description for Line Structures in 3D Medical Images by means of a Weighted Integral Method",
    11th Joint Conference on Computer Vision, Imaging and Computer Graphics Theory and Applications (VISAPP2016), vol. 4, pp. 208―217, 2016.

  • ・Mitsunori Yamada, Hidekata Hontani, and Hiroshi Matsuzoe,
    "A Study on Model Selection from the q-Exponential Distribution for Constructing an Organ Point Distribution Model",
    7th Pacific Rim Symposium on Image and Video Technology (PSIVT2015), pp.258-269, 2015.

  • ・Mitsunori Yamada, Hidekata Hontani, and Hiroshi Matsuzoe,
    "Model Selection from the q-Exponential Family for Representing Statistical Shape Models of Organs",
    Shape Symposium on Statistical Shape Models & Applications, 2015.

  • ・後藤秀聡,本谷秀堅,
    "荷重積分法による局所アピアランスのパラメトリックな記述の頑健化のための窓幅推定",
    電子情報通信学会論文誌D,vol. J98-D,no. 4,pp. 571―584,2015年4月.

  • ・Hidetoshi Goto and Hidekata Hontani,
    “Description of Retinal Blood Vessels Using the Weighted Integral Method”,
    2015 Joint Conference of IWAIT and IFMIA, IFMIA PS. 1 (457), pp. 1—3, 2015.

  • ・Hidekata Hontani, Go Oishi, and Tomohiro Kitagawa,
    "Local Estimation of High Velocity Optical Flow with Correlation Image Sensor",
    European Conference on Computer Vision (ECCV2014), pp. 235-249, 2014.

  • ・Hidetoshi Goto and Hidekata Hontani,
    "Weighted Integral Method for Describing Edges",
    SICE Annual Conference 2013, pp.2481-2488, 2013.

  • ・Hidekata Hontani, Yuto Tsunekawa, and Yoshihide Sawada,
    "Accurate and Robust Registration of Nonrigid Surface using Hierarchical Statistical Shape Model ",
    26th International Conference of Computer Vision and Pattern Recognition (CVPR 2013), pp.2977-2984, 2013.

  • ・Hidetoshi Goto and Hidekata Hontani,
    "A Weighted Integral Method for Parametrically Describing Local Image Appearance",
    IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications (CVA), vol. 5, pp. 70-74, 2013.

  • ・Yoshihide Sawada and Hidekata Hontani,
    "A Study on Graphical Model Structure for Representing Statistical Shape Model of Point Distribution Model",
    15th International Conference on Medical Image Computing and Computer Assisted Intervention (MICCAI 2012), pp.470-477, 2012. [pdf]

  • ・Hidekata Hontani, Takamichi Matsuno, and Yoshihide Sawada,
    "Robust Nonrigid ICP Using Outlier-Sparsity Regularization",
    25th International Conference of Computer Vision and Pattern Recognition (CVPR 2012), pp.1740-1747, 2012. [pdf]

  • ・Yoshihide Sawada and Hidekata Hontani,
    "Determination of the Graphical Model Structure Representing the Conditionally Independency",
    International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA 2012), O8-3, 2012.

  • ・Yoshihiro Tsutumi, Yoshihide Sawada, and Hidekata Hontani,
    "GPU Acceleration of Non-Rigid Registration for Organ Segmentation",
    International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA 2012), P1-36, 2012.

  • ・Yuki Yaguchi, Takamichi Matsuno, Yoshihide Sawada, and Hidekata Hontani,
    "Robust Non-Rigid ICP with Statistical Shape Model",
    International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA 2012), P2-35, 2012.

  • ・K. Morita, A. Imiya, T. Sakai, H. Hontani, and Y. Masutani,
    "Alignment and Morphing for the Boundary Curves of Anatomical Organs",
    9th International Workshop on Statistical Techniques in Pattern Recognition and 14th International Workshop on Structural and Syntactic Pattern Recognition (S+SSPR 2012), (in Press).

  • ・澤田好秀, 本谷秀堅,
    "グラフィカルモデルの構造推定と確率推論法の違いによるPoint Distribution Modelと医用画像の非剛体位置合わせの精度比較",
    電子情報通信学会論文誌, Vol.J95-D, No.8, pp.1541-1553, 2012.

  • ・澤田好秀, 本谷秀堅,
    "主要識別器のLeave-One-Outによる性能評価結果の信頼性に関する考察",
    生体医工学, Vol.49, No.1, pp.3-10, 2011年2月.

  • ・星野直輝, 本谷秀堅, 坂口和也, 坂田宗之, 石渡喜一, 木村裕一,
    "パラメトリック固有空間を利用したPET動態データの雑音除去",
    Medical Imaging Technology, Vol.28, No.5, pp.362-370, 2010.

  • ・Y. Sawada, H. Hontani,
    "A Comparison Study of Inferences on Graphical Model for Registering Surface Model to 3D Image",
    Second International Workshop in Machine Learning in Medical Imageing, pp.257-264, LNCS7009, September 2011. [pdf]

  • ・N. Hoshino, H. Hontani (他4名),
    "MAP-Based Denoising of Dynamic PET Data for Quantitative Receptor Imaging",
    SPIE Medical Imaging Conference, pp.1-4, 2011.

  • ・H. Hontani, W. Watanabe,
    "Estimation of Posterior Marginal Distribution of Each Point in Registration of Point Distribution Model",
    1st International Workshop on Machine Learning in Medical Imaging(MLMI 2010), pp.1-8, 2010.

  • ・H. Hontani, W. Watanabe,
    "Point-Based Non-Rigid Surface Registration with Accuracy Estimation",
    The Twenty-Third IEEE Conference on Conputer Vision and Pattern Recognition(CVPR 2010), pp.446-452, June 2010. [pdf]

  • ・H. Hontani, N. Hoshino, M. Naganawa, K. Sakaguchi, M. Sakata, K. Ishiwata, Y. kimura,
    "Unbiased Logan Graphical Analysis Using the Re-Normalization Method",
    BRAINPET'09, Chicago, pp.316-317, June 2009.

  • ・H. Shinozaki, H. Hontani, T. Takeda, Y. Watanabe,
    "Automatic constructuion of a statistic model of calcified aorta areas",
    Computer Assisted Radiology and Surgery, Berlin, Volume4 Supplement1 pp.181-182, June 2009.

  • ・N. Kano, H. Hontani, T. Takeda,Y. Watanabe,
    "False Positive Rejection for Detecting Tumors in Lung area of FDG-PET/CT image",
    Computer Assisted Radiology and Surgery, Berlin, Volume4 Supplement1 pp.364-365, June 2009.

  • ・Y. Toshimitsu and H. Hontani,
    "Successive Sensor Nodes Localization Using Non-Parametric Belief Propagation",
    Sixth International Conference on Networked Sensing Systems, Pittsburgh, USA, pp.1-4, June 2009.

  • ・T. Asai and H. Hontani,
    "A Basis Selection Method for Compressed Sensing of Dynamic Images Based on Distribution of Compressed Signals",
    Sixth International Conference on Networked Sensing Systems, Pittsburgh, USA, pp.234, June 2009.

  • ・Y. Sawada, T. Oku, H. Hontani, J. Wu, T. Takeda, Y. Watanabe,
    "Improved Detection of Tumors in FDG-PET/CT Images Based-on Single-Class Classifier",
    International Forum on Medical Imaging in Asia, CDROM, 2009.

  • ・H. Shinozaki, H. Hontani, T. Takeda, Y. Watanabe,
    "Automatic construction of a statistic model of calcified aorta areas",
    International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA), 2009.

  • ・N. Kano, H. Hontani, T. Takeda, Y. Watanabe,
    "False positive rejection for detecting tumors in lung area of FDG-PET/CT image",
    International Forum on Medical Imaging in Asia (IFMIA), 2009.

  • ・H. Hontani and Y. Higuchi,
    "Improvement of Vehicle Positioning Using Car-to-Car Communications in of Communication Delay",
    IEICE, Transactions on Communications, Vol.E91-B, pp.3461-3468, 2008.

  • ・H. Hontani, Y. Sawada,
    "Stability Evaluation of a Classifier for Detecting Abdominal Tumors in FDG-PET/CT Images",
    The 19th International Conference on Pattern Recognition, pp.1-4, 2008.

  • ・Y. Takase and H. Hontani,
    "Gross Error Detection and Self-Calibration of Networked Sensors",
    Fifth International Conference on Networked Sensing Systems, Kanazawa, pp.234, June 2008.

  • ・Y. Toshimitsu and H. Hontani,
    "A Method for Positioning Mobile Sensor Nodes Using Non-parametric Belief Propagation",
    Fifth International Conference on Networked Sensing Systems, Kanazawa, pp.235, June 2008.

  • ・H. Hontani and Y. Higuchi,
    "Vehicle Positioning Method with Car-to-Car Communications in Consideration of Communication Delay",
    Fifth International Conference on Networked Sensing Systems, Kanazawa, pp.219-222, June 2008.

  • ・H.Hontani and Y.Higuchi,
    "Kalman Filtering for Improving Car Positioning with Measurements of Relative Distance",
    SICE Annual Conference 2007, pp.112, September 2007.

  • ・H. Hontani and K. Ito,
    "Calibration Performance in Merging Measurement Graph",
    SICE Annual Conference 2007, Kagawa, No.3C09-3, pp.2931-2934, Septmber 2007.

  • ・S. Nitta, Y. Sawada, H. Hontani, T. Fukami, T. Yuasa, T. Akatsuka, J. Wu, T. Takeda, N. Oriuchi, K. Endo, and Y. Watanabe,
    "Malignant tumor detection from PET/CT images for CAD system",
    International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery, Vol.2, Supplement 1, pp.S520, June 2007.

  • ・H. Hontani and Y. Higuchi,
    "Improvement of Car Positioning with Measurements of Relative Distance",
    Fourth International Conference on Networked Sensing Systems, pp.65-68, June 2007.

  • ・Y. Higuchi and H. Hontani,
    "A System of Networked Car-Mounted Sensors for Measuring Road Surfaces",
    SICE-ICASE2006, pp.130, October 2006.

  • ・K. Ito and H. Hontani,
    "Analysis of Calibration Performance of Networked Sensors Using Measurements Graphs",
    SICE-ICCAS 2006, Busan, No.TP16-4, pp.1320-1325, October 2006.

  • ・H. Hontani, S. Sato, H. Kawamura and S. Ando,
    "Tag-BasedMeasurement and Calibration -- Another Cooperative Frameworks Based onSensor-Object Display",
    Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers, Volume E, Vol.E-S-1, pp.27-32, 2006.

  • ・M. Giga, Y. Giga, and H. Hontani,
    "SELF-SIMILAR EXPANDINGSOLUTIONS IN A SECTOR FOR A CRYSTALLINE FLOW",
    SIAM Journal onMathematical Analysis, Vol.37, No.4, pp.1207-1226, 2006.

国内会議・研究会

  • 野村香織,益田博之,佐野和正,小山俊彦,本谷秀堅,
    "FMD検査支援のためのH型プローブを用いた超音波画像の3次元再構成と動脈検出の頑健化",
    コンピュータビジョンとイメージメディア研究会 (CVIM),Vol.2016-CVIM-201,No.12,2016年3月.

  • 山田光統, 本谷秀堅, 松添博,
    "点群統計モデル構築のためのq-正規分布からのモデル選択",
    コンピュータビジョンとイメージメディア研究会 (CVIM), vol.2016-CVIM-201,No.4,2016年3月.

  • 後藤秀聡,内藤拓未,本谷秀堅,
    “3次元CT画像中の肺野の局所構造のパラメトリックな記述のための荷重積分法”,
    第32回センシングフォーラム計測部門大会,1C1-4,2015年9月.

  • 山田光統,本谷秀堅,松添 博,
    “点群統計モデル構築のためのq-正規分布からのモデル選択”,
    医用画像研究会(MI),信学技報, vol. 115,no. 218,MI2015-54,pp. 31-34,2015年9月.

  • 河村直輝,本谷秀堅,岩本千佳,大内田研宙,橋爪 誠,
    “膵臓病理画像の位置合わせを想定した輪郭構造の記述の試み”,
    医用画像研究会(MI),信学技報, vol. 115,no. 139,MI2015-35,pp. 19-22,2015年7月.

  • 野村香織,益田博之,佐野和政,小山俊彦,鈴木英範,本谷秀堅,
    “FMD検査支援のための超音波画像からの動脈領域自動抽出”,
    医用画像研究会(MI),信学技報, vol. 115,no. 139,MI2015-32,pp. 1-6,2015年7月.

  • 宇戸真弥,本谷秀堅,
    “確率アトラスとグラフカットを利用するMR画像の脳硬膜領域除去”,
    医用画像研究会(MI),信学技報, vol. 114,no. 482,MI2014-86,pp. 151-155,2015年3月.

  • 神谷昌平,本谷秀堅,
    “階層的Active Shape Modelによる医用画像中の臓器領域抽出”,
    医用画像研究会(MI),信学技報, vol. 114,no. 482,MI2014-85,pp. 147-150,2015年3月.

  • 森隆太,内藤拓未,本谷秀堅,岩野信吾,
    “CT画像中の肺結節鑑別のための画像特徴抽出と識別器の構築”,
    医用画像研究会(MI),信学技報, vol. 114,no. 482,MI2014-61,pp. 45-48,2015年3月.

  • 出浦祐視,河村直輝,山田光統,本谷秀堅,
    “臓器領域セグメンテーションのための前処理に関する一検討  ~SuperpixelとSaliency検出~ ”,
    医用画像研究会(MI),信学技報, vol. 114,no. 200,MI2014-36,pp. 7-11,2014年9月.

  • 後藤秀聡,本谷秀堅,
    “荷重積分法による局所アピアランスのパラメトリックな記述のための窓幅推定”,
    第33回日本医用画像工学会大会(JAMIT2014),OP3-2,2014年7月.

  • 後藤秀聡,本谷秀堅,
    “荷重積分法による局所アピアランスのパラメトリックな記述のための窓幅推定”,
    医用画像研究会(MI),信学技報, vol. 114,no. 42,MI2014-9,pp. 43-48,2014年5月.

  • ・小澤孝弘, 本谷秀堅, 坂口和也, 坂田宗之, 木村裕一,
    "PET画像動態解析の高精度化におけるくりこみ法及びノイズ除去法との比較",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, vol. 113, no. 410, MI2013-109, pp. 285-290, 2014年1月.

  • ・堤貴浩, 本谷秀堅,
    "臓器位置合わせにおける体型正規化のためのランドマークの選択",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, vol. 113, no. 410, MI2013-86, pp. 165-168, 2014年1月.

  • ・神谷叔季, 河村直輝, 本谷秀堅,
    "解剖学的ランドマークを利用する部分医用画像に対する臓器位置合わせ",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, vol. 113, no. 410, MI2013-85, pp. 161-164, 2014年1月.

  • ・北川智裕, 大石剛,本谷秀堅,
    "相関画像センサを用いた高速なオプティカルフローの局所推定",
    パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), 信学技報, vol. 113, No. 402, PRMU2013-94.

  • ・中根隆之, 堤貴浩,本谷秀堅,
    "臓器位置合わせにおいて特徴抽出演算子が獲得する情報量の定量評価",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, vol. 113, no. 219, MI2013-36, pp. 1-4, 2013年9月.

  • ・森隆太, 本谷秀堅,
    "肺結節分離のための局所肺壁のRobust Active Shape Model",
    第32回日本医用画像工学会大会(JAMIT2013), PP2-15, 2013年8月.

  • ・神谷叔季, 本谷秀堅,
    "解剖学的ランドマークを利用する臓器レジストレーション",
    第32回日本医用画像工学会大会(JAMIT2013), OP6-5, 2013年8月.

  • ・宇戸真弥, 本谷秀堅,
    "臓器表面の空間的連続性を表現するPDMのための統計形状モデルの基礎検討",
    第32回日本医用画像工学会大会(JAMIT2013), PP2-14, 2013年8月.

  • ・Hidekata Hontani,Yuto Tsunekawa,Yoshihide Sawada
    "Accurate and Robust Registration of Nonrigid Surface using Hierarchical Statistical Shape Model",
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013), Vol.2013, IS2-2, 2013年7月.

  • ・Hidetoshi Goto,Hidekata Hontani,
    "A Weighted Integral Method for Parametrically Describing Local Image Appearance",
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013), Vol.2013, OS2-2, 2013年7月.

  • ・神谷叔季, 本谷秀堅,
    "部分医用画像に対する臓器位置合わせ",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, vol. 113, no. 146, MI2013-22, pp. 17-21, 2013年7月.

  • ・後藤秀聡, 本谷秀堅,
    "医用画像中の曲線構造のパラメトリックな記述",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, vol. 113, no. 146, MI2013-19, pp. 1-6, 2013年7月.

  • ・宇戸真弥, 本谷秀堅,
    "臓器統計モデルの位置合わせにおける尤度分布の空間的連続性の考慮",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, vol. 113, no. 64, MI2013-18, pp. 85-88, 2013年5月.

  • ・後藤秀聡, 本谷秀堅,
    "荷重積分法を用いた画像中のエッジのパラメトリックな記述",
    パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), 信学技報, vol. 113, no. 63, PRMU2013-17, pp. 79-84, 2013年5月.

  • ・大石剛, 北川智裕, 本谷秀堅,
    "時間相関イメージセンサを利用する実時間高密度オプティカルフロー算出の試み",
    パターン認識・メディア理解研究会(PRMU), 信学技報, Vol.112, No.441, PRMU2012-148, pp.105-106, 2013年2月.

  • ・恒川優人, 澤田好秀, 本谷秀堅,
    "PDMの位置合わせにおけるエッジの連続性の考慮",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, Vol.112, No.411, MI2012-95, pp.173-178, 2013年1月.

  • ・矢口雄貴, 澤田好秀, 松野高道, 本谷秀堅,
    "非剛体ICPにおける統計形状モデルの表現性能",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, Vol.112, No.411, MI2012-94, pp.167-172, 2013年1月.

  • ・小澤孝弘, 本谷秀堅, 坂口和也, 坂田宗之, 木村裕一,
    "PET画像動態データの雑音除去の性能に速度定数に関する事前情報が与える影響",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, Vol.112, No.411, MI2012-117, pp.287-292, 2013年1月.

  • ・岩本和成, 本谷秀堅, 増谷佳孝,
    "脳拡散MRIの撮像時間短縮のための部位ごとの神経線維束方向に特化したMPG方向の選択の試み",
    第40回日本磁気共鳴医学界大会, 講演抄録集, Vol.32, pp.218, 0-2-150, 2012年9月.

  • ・澤田好秀, 本谷秀堅,
    "Point Distribution Modelのための統計形状モデルのグラフィカルモデル表現の構造決定",
    第31回日本医用画像工学会大会(JAMIT2012), OP2-10, 2012年8月.

  • ・矢口雄貴, 澤田好秀, 松野高道, 本谷秀堅,
    "Non-Rigid ICP に対する統計モデルの組み込み",
    第31回日本医用画像工学会大会(JAMIT2012), OP2-11, 2012年8月.

  • ・岩本和成, 本谷秀堅, 増谷佳孝,
    "拡散MRIの撮像時間短縮のための雑音を考慮したMPG削減削減",
    第31回日本医用画像工学会大会(JAMIT2012), OP3-4, 2012年8月.

  • ・恒川優人, 澤田好秀, 本谷秀堅,
    "推定確度の自己推定を行う外れ値に頑健なクラスタベーズドなPDMの非剛体位置合わせ",
    第31回日本医用画像工学会大会(JAMIT2012), OP7-11, 2012年8月.

  • ・堤貴浩, 澤田好秀, 本谷秀堅,
    "MCMCによる臓器レジストレーションのGPUを用いた高速化",
    第31回日本医用画像工学会大会(JAMIT2012), OP8-5, 2012年8月.

  • ・後藤秀聡, 小河雅司, 本谷秀堅,
    "画像中のエッジのパラメトリックな記述のための荷重積分法",
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012), Vol.2012, IS1-09, 2012年7月.

  • ・小澤孝弘, 本谷秀堅, 坂口和也, 坂田宗之, 木村裕一,
    "ROI情報を活用するベイズ推定による動脈採血不要なPET動態画像動態データの雑音除去",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, Vol.112, No.142, MI2012-26, pp.29-34, 2012年7月.

  • ・矢口雄貴, 松野高道, 澤田好秀, 本谷秀堅,
    "統計モデルを組み込んだNon-rigid Robust ICPの性能評価",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, Vol.112, No.142, MI2012-35, pp.73-78, 2012年7月.

  • ・恒川優人, 澤田好秀, 本谷秀堅,
    "外れ値に頑健なクラスタベーズドなPDMの非剛体位置合わせの精度評価",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, Vol.112, No.142, MI2012-37, pp.85-90, 2012年7月.

  • ・小河雅司, 後藤秀聡, 本谷秀堅,
    "荷重積分法を用いた画像中の輪郭のガウス関数に基づくパラメトリック表現",
    コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM),Vol.2012-CVIM-181(14), pp.1-8, 2012年3月.

  • ・堤貴浩, 本谷秀堅,
    "臓器統計モデルの医用画像への位置合わせのGPUを用いた高速化",
    情報処理学会第74回全国大会, No.1, pp.271-272, 2012年3月.

  • ・大石剛, 本谷秀堅,
    "時間相関イメージセンサにより得られたオプティカルフローに基づく物体の追跡",
    情報処理学会第74回全国大会, No.2, pp.405-406, 2012年3月.

  • ・澤田好秀, 本谷秀堅,
    "推定確度の自己評価を行う外れ値に頑健なクラスタベーズドなPDMの非剛体位置合わせ",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, Vol.111, No.389, MI2011-77, pp.1-6, 2012年1月.

  • ・小澤孝弘, 本谷秀堅, 坂口和也, 坂田宗之, 木村裕一,
    "Bayes推定による動脈採血を必要としないPET画像動態データの雑音除去の試み",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, Vol.111, No.389, MI2011-79, pp.11-16, 2012年1月.

  • ・岩本和成, 本谷秀堅, 増谷佳孝,
    "L1ノルム最小化に基づく拡散MR画像の撮像時間短縮のためのMPG削減",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, Vol.111, No.389, MI2011-83, pp.35-43, 2012年1月.

  • ・恒川優人, 本谷秀堅,
    "エントロピーに基づくスケジューリングを利用する点群統計モデルの位置合わせ高速化の試み",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, Vol.111, No.389, MI2011-92, pp.81-86, 2012年1月.

  • ・矢口雄貴, 吉村涼, 本谷秀堅,
    "臓器表面の点群統計モデルへの法線情報の導入",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, Vol.111, No.389, MI2011-93, pp.87-92, 2012年1月.

  • ・松野高道, 山岡尚登, 澤田好秀, 本谷秀堅,
    "Nonrigid ICPへの確率モデルの導入による位置合わせの頑健化",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, Vol.111, No.389, MI2011-97, pp.109-114, 2012年1月.

  • ・山岡尚登, 吉村涼, 澤田好秀, 本谷秀堅,
    "Procrustes Analysisを用いたGraphical LASSOに基づく臓器点群モデルの構造推定",
    医用画像研究会(MI), 信学技報, Vol.111, No.389, MI2011-97, pp.109-114, 2012年1月.

  • ・松野高道, 山岡尚登, 本谷秀堅,
    "L1ノルム正則化に基づく外れ値に頑健な非剛体ICP",
    医用画像研究会(MI2011), 産業技術総合研究所, 2011年9月.

  • ・岩本和成, 澤田好秀, 本谷秀堅, 増谷佳孝,
    "Jamp-Diffusionに基づく組み合わせ最適化によるHARDIにおけるMPG削減",
    第30回日本医用画像工学会大会(JAMIT2011), OP4-1, 2011.

  • ・松野高道, 浅井健史, 山岡尚登, 本谷秀堅,
    "L1ノルム最小化に基づくモデルからの逸脱に頑健な非剛体レジストレーション",
    第30回日本医用画像工学会大会(JAMIT2011), OP7-1, 2011.

  • ・山岡尚登, 澤田好秀, 本谷秀堅,
    "点群統計モデルによる複数臓器レジストレーション",
    第30回日本医用画像工学会大会(JAMIT2011), OP7-3, 2011.

  • ・澤田好秀, 松野高道, 本谷秀堅,
    "推定確度の自己推定を行うLIノルム正則化を利用する非剛体ロバストレジストレーション",
    医用画像研究会(MI), Vol.111, No.127, pp.49-54, 2011年7月.

  • ・小川雅司, 後藤秀聡, 本谷秀堅,
    "荷重積分を用いたガウス関数による局所的アピアランスの表現",
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011), pp.1653-1660, IS4-55, 2011年7月.

  • ・澤田好秀, 渡辺航, 本谷秀堅,
    "MCMCと確立伝搬法によるい臓器レジストレーションの性能比較",
    医用画像研究会(MI), Vol.110, No.364, pp.51-56, 2011年1月.

  • ・浅井健史, 山岡尚登, 本谷秀堅,
    "モデルからの逸脱に頑健な非剛体曲面レジストレーション",
    コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM), vol.2011-CVIM-175 No.23, 2011年1月.

  • ・渡辺航, 山岡尚登, 本谷秀堅, 渡辺順久,
    "グラフィカルモデルにより表現する臓器表面の3次元画像へのレジストレーションの高精度化",
    コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM), vol.2011-CVIM-175 No.23, 2011年1月.

  • ・澤田好秀, 本谷秀堅,
    "腫瘍識別器のLeave-One-Outによる性能評価結果の信頼性に関する考察",
    生体医工学シンポジウム2010(JBMES2010), 1-6-5, 2010.

  • ・澤田好秀 ,本谷秀堅,
    "PET/CT画像中の腫瘍抽出高精度化のためのOne-Class識別器による偽陽性の除去",
    第29回日本医用画像工学会大会(JAMIT2010), OP5-3, 2010.

  • ・星野直輝, 本谷秀堅(名工大), 坂口和也(北里大学), 坂田宗之, 石渡喜一(東京都健康長寿医療センター研究所), 木村裕一(放射線医学総合研究所分子イメージング研究センター),
    "パラメトリック固有空間を利用したPET動態データの雑音除去",
    第29回日本医用画像工学会大会(JAMIT2010), OP5-1, 2010.

  • ・松野高道, 浅井健史,岩田卓哉,本谷秀堅,
    "画像辞書の臓器レジストレーションへの応用の試み",
    第29回日本医用画像工学会大会(JAMIT2010), OP1-6, 2010.

  • ・山岡尚登, 渡辺航, 本谷秀堅,
    "点群統計モデルのレジストレーションの性能と対応点生成法の関係の解析",
    第29回日本医用画像工学会大会(JAMIT2010), OP1-5, 2010.

  • ・渡辺航,本谷秀堅(名工大), 渡邉順久(山形済生病院),
    "信頼度を自己評価する画像とモデルのレジストレーション法",
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010), IS1-76, 2010年7月.

  • ・小河雅司, 本谷秀堅,
    "二次元荷重積分による局所画像のパラメトリック表現",
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010), IS2-67, 2010年7月.

  • ・川島宏之, 坂上文彦, 本谷秀堅,
    "エピポーラ拘束と音波の球面波拘束を併用するマイクロフォンアレイの感度校正",
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2010), IS3-59, 2010年7月.

  • ・小河雅司, 本谷秀堅,
    "荷重積分法に基づく局所パターンのパラメトリックな記述",
    CVIM研究会 第172回, 172-19, 2010年5月.

  • ・山岡尚登, 渡辺航, 本谷秀堅,
    "肝臓表面のレジストレーションのためのGMDSによる対応点生成に基づく点群統計モデルの構築",
    CVIM研究会 第172回, 172-20, 2010年5月.

  • ・松野高道, 浅井健史, 岩田卓哉, 本谷秀堅,
    "医用画像中の臓器レジストレーションのための画像辞書生成",
    CVIM研究会 第172回, 172-21, 2010年5月.

  • ・川島宏之, 坂上文彦, 本谷秀堅,
    "基礎行列と球面波拘束を併用するマイクロフォンの感度校正",
    CVIM研究会 第172回, 172-22, 2010年5月.

  • ・星野直輝, 本谷秀堅, 長縄美香, 坂口和也, 坂田宗之, 石渡喜一, 木村裕一,
    "PET受容体解析法MA1の計測データの誤差分布特性に基づく改善の試み",
    医用画像研究会(MI), Vol.109, No.407, 沖縄, pp.7-12, 2010.

  • ・渡辺航, 本谷秀堅, 渡辺順久,
    "確率伝播法を利用する臓器レジストレーション法とその性能評価",
    医用画像研究会(MI), Vol.109, No.407, 沖縄, pp.285-290, 2010.

  • ・加納夏紀, 本谷秀堅, 武田徹, 渡邉順久,
    "FDG-PET/CT画像の肺領域における腫瘍抽出のための偽陽性除去",
    第28回日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM), OP1-09, 2009.

  • ・渡辺航, 本谷秀堅, 武田徹, 渡邉順久,
    "特徴点確率モデルに基づく曲面のレジストレーション",
    第28回日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM), OP4-01, 2009.

  • ・成田亨, 篠崎裕考, 坂上文彦, 本谷秀堅, 佐藤淳, 安川展之, 宮野博義, 石山塁,
    "3次元形状と画像の効果的な対応のための逐次特徴点選択",
    第12回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU), pp.1661-1667, 松江, 2009年7月.

  • ・浅井健史, 本谷秀堅,
    "圧縮後の信号の分布に基づく動画像を題材としたCompressed Sensingのための基底選択",
    第12回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU),pp.581-588, 松江, 2009年7月.

  • ・大眉宏彰, 坂上文彦, 本谷秀堅, 安川展之, 宮野博義, 石山塁,
    "局所画像の対称性と分布のエントロピーに基づく顔表面への特徴点候補の生成",
    第12回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU), pp.784-791, 松江, 2009年7月.

  • ・渡辺航, 本谷秀堅, 武田徹, 渡邉順久,
    "エントロピーに基づいたパーティクルシステムを利用する曲面のレジストレーション",
    第12回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU), pp.960-967, 松江, 2009年7月.

  • ・渡辺航, 本谷秀堅, 武田徹, 渡邉順久,
    "特徴点の確率的位置推定に基づく医用画像中の非剛体表面レジストレーション",
    MI2009-7, Vol.109, No.63, pp.35-40, 2009.

  • ・篠崎裕考, 本谷秀堅, 武田徹, 渡邉順久,
    "CT からの高精度大動脈抽出と石灰化領域の統計自動調査の試み",
    平成20年度電気関係学会東海支部連合大会, O-352, 2008.

  • ・加納夏紀, 本谷秀堅, 武田徹, 渡邉順久,
    "PET画像を用いた縦隔部腫瘍抽出のための統計モデルの構築",
    平成20年度電気関係学会東海支部連合大会, 公演論文集(CD-ROM), 2008.

  • ・澤田好秀, 本谷秀堅, 呉勁, 武田徹, 渡邉順久,
    "PET/CT 画像中より抽出した腫瘍候補からの偽陽性除去について",
    第27回日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM), B4-2, 2008.

  • ・篠崎裕考, 本谷秀堅, 武田徹, 渡邉順久,
    "Model Fitting とTensor Voting によるCTからの高精度大動脈抽出",
    第27回日本医用画像工学会大会(JAMIT08), 予稿集B5-02, 2008.

  • ・加納夏紀, 本谷秀堅, 武田徹, 渡邉順久,
    "モデルからの外れ値検出による縦隔領域の腫瘍自動抽出の高精度化",
    第27回日本医用画像工学会大会(JAMIT), 2008.

  • ・澤田好秀, 本谷秀堅, 呉勁, 武田徹, 渡邉順久,
    "識別器を用いた偽陽性除去の汎化性能評価",
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU), pp.388, 2008.

  • ・岩田卓也, 本谷秀堅, 武田徹, 渡邉順久,
    "確立伝播法を用いたCT画像からの肋骨認識",
    第14回画像センシングシンポジウム(SSII08), ダイジェスト集IN4-18, 2007.

  • ・加納夏紀, 本谷秀堅, 武田徹, 渡邉順久,
    "モデルからの外れ地検出による縦隔領域の腫瘍自動抽出の高精度化",
    第14回画像センシングシンポジウム(SSII08), ダイジェスト集IN4-19, 2007.

  • ・篠崎裕考, 本谷秀堅, 武田徹, 渡邉順久,
    "Model FittingとTensor VotingによるCTからの高精度大動脈抽出",
    第14回画像センシングシンポジウム(SSII08), ダイジェスト集IN4-20, 2007.

  • ・樋口裕也, 本谷秀堅,
    "通信遅延を考慮した分散型カルマンフィルタの車両位置推定への応用",
    電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.294, pp.1-6, 2007.

  • ・樋口裕也, 本谷秀堅,
    "分散型カルマンフィルタによる車両位置推定の高精度化",
    第24回センシングフォーラム, pp.97-102, 2007.

  • ・伊藤健一, 本谷秀堅,
    "計測ネットワークの逐次融合におけるセンサの校正",
    第24回センシングフォーラム, 仙台. No.1A3-2, pp.54-59, 2007.

  • ・澤田好秀, 新田修平, 本谷秀堅, 深見忠典, 湯浅哲也, 赤塚孝雄, 呉勁, 武田徹, 織内昇, 遠藤啓吾, 渡邉順久,
    "判別器の機械学習にるPET/CT画像中の腫瘍抽出高精度化",
    第26回日本医用画像工学会大会予稿集(CD-ROM), B5-7, 2007.

  • ・鈴木貴士, 新田修平, 本谷秀堅, 深見忠典, 湯浅哲也, 赤塚孝雄, 呉勁, 武田徹, 織内昇, 遠藤啓吾, 渡邉順久,
    "全身のPET/CT画像中の腫瘍骨転移抽出",
    MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY 第26回日本医用画像工学大会 JAMIT Annuel Meeting 2007 予稿集, B5-6, 2007年7月.

  • ・伊藤健一, 本谷秀堅, 中川健太郎,
    "センサネットワークにおける校正精度の解析と計測グラフ",
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2007), 広島, No.IS-5-37, pp.1594-1599, 2007.

  • ・澤田好秀, 新田修平, 本谷秀堅, 深見忠典, 湯浅哲也, 赤塚孝雄, 呉勁, 武田徹, 織内昇, 遠藤啓吾, 渡邉順久,
    "PET/CT画像中の腫瘍抽出高精度化のための判別器の学習",
    画像の認識・理解シンポジウム, pp.341-348, 2007.

  • ・伊藤健一, 中川健太郎, 本谷秀堅,
    "計測グラフを用いたセンサネットワークの校正精度の解析",
    PRMU2007-1~26, Vol.107, No.57, pp.67-72, 2007.

  • ・鈴木貴士, 新田修平, 本谷秀堅, 深見忠典, 湯浅哲也, 赤塚孝雄, 呉勁, 武田徹, 織内昇, 遠藤啓吾, 渡邉順久,
    "非等方拡散を利用した骨部強調によるPET/CT画像からの腫瘍骨転移抽出手法",
    電子情報通信学会技術研究報告書, Vol.107, No.57, pp.97-102, 2007.

  • ・澤田好秀, 新田修平, 本谷秀堅, 深見忠典, 湯浅哲也, 赤塚孝雄, 呉勁, 武田徹, 織内昇, 遠藤啓吾, 渡邉順久,
    "PET/CT画像中の腫瘍候補高精度化のための判別器について",
    PRMU2007-1~26, Vol.107, No.57, pp.103-108, 2007.

  • ・樋口裕也, 本谷秀堅,
    "車載センサネットワークを用いた路面の転がり摩擦係数の推定とその計測グラフによる推定精度解析",
    電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.57, pp.61-66, 2007.

  • ・澤田好秀, 新田修平, 本谷秀堅, 深見忠典, 湯浅哲也, 赤塚孝雄, 呉勁, 武田徹, 織内昇, 遠藤啓吾, 渡邉順久,
    "リンパ腫抽出における偽陽性削減のための局所構造を保持する判別分析",
    MI2006-83~156, Vol.106, No.509, pp.5-8, 2007.

  • ・樋口裕也, 本谷秀堅,
    "車載センサネットワークによる路面計測及び推定精度の解析",
    第23回センシングフォーラム, pp.109-113, 2006.

  • ・伊藤健一, 本谷秀堅,
    "センサネットワークにおける校正精度と計測グラフ",
    第23回センシングフォーラム, 筑波, No.1B3-2, pp.103-108, 2006.

  • ・伊藤健一, 本谷秀堅,
    "観測データの分解による最尤推定の精度と計測グラフ",
    画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2006), 仙台, No.IS2-43, pp.912-917, 2006.

  • ・樋口裕也, 本谷秀堅,
    "車載センサネットワークによる路面計測システム",
    FIT2006, 一般講演論文集第4分冊, pp.73-74, 2006.

  • ・澤田好秀, 新田修平, 本谷秀堅, 深見忠典, 湯浅哲也, 赤塚孝雄, 呉勁, 武田徹, 織内昇, 遠藤啓吾, 渡邉順久,
    "PET/CT画像による腹部・下腹部のリンパ腫抽出",
    日本生体医工学会東海支部学術集会, 2006年.

  • ・新田修平, 本田清士, 糟谷友美, 本谷秀堅, 深見忠典, 湯浅哲也, 赤塚孝雄, 呉勁, 武田徹,
    "PET/CT画像からの腫瘍候補領域自動抽出による診断支援システム",
    MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY, Vol.24, No.3, pp.181-190, 2006.

受賞

  • 平成26(2014)年度 MI研究奨励賞,2015.
    論文名:確率アトラスとグラフカットを利用するMR画像の脳硬膜領域除去

  • 平成26(2014)年度 MI研究奨励賞,2015.
    論文名:荷重積分法による局所アピアランスのパラメトリックな記述のための窓幅推定

  • 平成25(2013)年度 MI研究奨励賞, 2014.
    論文名:臓器位置合わせにおいて特徴抽出演算子が獲得する情報量の定量評価

  • 第32回日本医用画像工学会大会奨励賞, 2013.
    論文名:臓器表面の空間的連続性を表現するPDMのための統計形状モデルの基礎検討

  • 第31回日本医用画像工学会大会奨励賞, 2012.
    論文名:拡散MRIの撮像時間短縮のための雑音を考慮したMPG削減

  • 第31回日本医用画像工学会大会奨励賞, 2012.
    論文名:推定確度の自己推定を行う外れ値に頑健なクラスタベーズドなPDMの非剛体位置合わせ

  • 平成23(2011)年度 MI研究奨励賞, 2012.
    論文名:推定確度の自己評価を行う外れ値に頑健なクラスタベーズドなPDMの非剛体位置合わせ

  • 第30回日本医用画像工学会大会奨励賞, 2011.
    論文名:点群統計モデルによる複数臓器レジストレーション

  • 第30回日本医用画像工学会大会奨励賞, 2011.
    論文名:L1ノルム最小化に基づくモデルからの逸脱に頑健な非剛体レジストレーション

  • 第29回日本医用画像工学会大会奨励賞, 2010.
    論文名:パラメトリック固有空間を利用したPET動態データの雑音除去

  • 第29回日本医用画像工学会大会奨励賞, 2010.
    論文名:点群統計モデルのレジストレーションの性能と対応点生成法の関係の解析

  • 第28回日本医用画像工学会大会奨励賞, 2009.
    論文名:特徴点確率モデルに基づく曲面のレジストレーション

  • 第27回日本医用画像工学会大会奨励賞, 2008.
    論文名:PET/CT 画像中より抽出した腫瘍候補からの偽陽性除去について

  • 平成20年度電気関係学会東海支部連合大会・IEEE名古屋支部学生奨励賞
    テーマ:PET画像を用いた縦隔部腫瘍抽出のための統計モデルの構築

  • 第23回センシングフォーラム研究・技術奨励賞(計測部門研究・技術奨励賞), 2006.
    論文名:センサネットワークにおける校正精度と計測グラフ

  • 第23回センシングフォーラム研究・技術奨励賞(計測部門研究・技術奨励賞), 2006.
    論文名:車載センサネットワークによる路面計測について

過去の学術論文・国際会議発表

  • ・H. Hontani, Y. Suzuki, and K. Deguchi,
    "A Scale-space Analysisof Contour Figures Using an Anisotropic Crystalline Flow",
    Interdisciplinary Information Sciences, Vol.11, No.2, pp.167--175, 2005

  • ・H. Hontani, M. Giga, Y. Giga, and K. Deguchi,
    "Expanding selfsimilar solutions of a crystalline flow with applications to contour figure analysis",
    Discrete Applied Mathematics, Vol.147, No.2-3, pp.265-285, 2005

  • ・H. Hontani and K. Deguchi,
    "Introducing a Crystalline Flow fora Contour Figure Analysis",
    IEICE Trans. (D) Information and Systems, Vol.E86-D, No.7, pp.1198-1205, 2003

  • ・K. Deguchi, T. Izumitani, and H. Hontani,
    "Detection and enhancement of line structures in an image by anisotropic diffusion",
    Pattern Recognition Letters, vol.23, pp.1399-1405, 2002

  • ・K. Deguchi, D. Kawamata, K. Mizutani, H. Hontani, and K. Wakabayashi,
    "3D Fundus Shape Reconstruction and Display from Stereo Fundus Images",
    IEICE Trans. (D)Information and System, vol.E83-D, No.7, pp.1408-1414, 2000

過去の国内会議・研究会

  • ・中川宗栄, 馬場一徳, 釘宮豊人, 佐藤公春, 本谷秀堅,
    "IDタグとネットワークを用いたCAD-based ビジョンシステム",
    電気学会論文誌 センサ・マイクロマシン準部門誌, Vol.124, No.9, pp.327-335, 2004.

  • ・砂口尚輝, 黒江太一, 呉勁, 小山一郎, 武田徹, Thet-Thet-Lwin, 土屋佳則, 米山明男, 湯浅哲也, 本谷秀堅, 百生敦, 赤塚孝雄,
    "Genetic Algorithmを用いた位相コントラストCTのためのロバストな位相アンラップ法",
    MEDICAL IMAGING TECHNOLOGY, Vol.22, No.4, pp.175-184, 2004.

  • ・本谷秀堅, 柴田潤, 来海暁, 安藤繁,
    "局所Log-Polar対称性に基づく固視微動型画像特徴抽出",
    情報処理学会論文誌, Vol.43, No.7, pp.2309-2318, 2002.

ナビゲーション